ケッパーケイパーチリペッパー

なんかとなんかをつなげて幸せ

【生物学のあ】R因子

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

f:id:takasaryo:20140322220951j:plain
薬品に対する耐性を生じさせる細菌中の物質

スプレトマイシン 
クロラムフェニコール 
テトラサイクリン 

これらは抗生物質とサルファ剤だ
どちらも抗生物質と同じ抗菌剤である。
生物由来の物を抗生物質
そうでないものをサルファ剤


抗生物質は病気になったり術後に与えられたりと
タワーディフェンスの主戦力的存在だが
サルファ剤の場合真菌(カビ)や原虫(でかいプランクトン)などにも効果を発揮する対空装備を備えた一般兵
だといえるだろう。

R因子はそれに耐えるための因子だ。
抗生物質とサルファ剤の猛攻から耐えられる。

R因子はプラスミドと呼ばれる。
これはゲームbioshockで出てきた注射器で打つお薬だ。
だから僕らも打てば抗生物質がぜんぜん効かない体に!

とはならない。
DNAレベルの大きさであるR因子は細菌くらいの大きさに
しかプラスミドの効果を示さない。

細菌にこのR因子は接合し薬物への耐性を得る。
Bioshockを現実でプレイするなら細菌になるしかない。

広告を非表示にする