ケッパーケイパーチリペッパー

なんかとなんかをつなげて幸せ

フォトカオスの制御

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

書きたいものは文章だけで書こうとすれば
編集次第で正確に伝えることができるようになる。
ただしそれは1万字くらい必要になる。
うまく書いて1万字だ。

アイディアメモにはフットワークが必要だから
どうしたって絵や図でメモを取る必要性と愛し合う。
お嫁さんはよっぽど運がよくなければ不細工で
どうしてこんな奴と…なんて悩むのが普通なようで
書いた図はとてもチープだ。

だから彼女たちに化粧をしよう。


基本的にはフォントと線
だけどそれが寄り集まっただけでどういうわけか
心揺さぶられる図というのがたまにある。

色分け表
暗い色
手前にある色


椅子、携帯

パソコン

机、ノート
伏し目がち薄幸娘




例えばこの色分け表はイメージを伝えきれていない。
本当はもっと可憐な感じと手前にあるものと
奥にあるものをこうなんというかぐぐっと保存したいのに
恥ずかしくなる。 

だがこれに化粧を施せば

f:id:takasaryo:20140328150951j:plain
こうなる。

もともとの表は文字と線だけだったが
それの線と文字だけが数を増やしていった結果
こういった状態になってしまったのだ。

フォトによる混沌の発生だ。

こういった絵は常に後ろに消えていった認識と
今見え続けて仕方がない認識に分かれている。

単体で見ればそこまででもない女の子は
背景が付き色が塗られるだけでやたらとかわいい。

この女の子の存在をFont
女の子らしさを作る線と色をline
見てすらいないのに見えるものをBg

この3つがそろっている状態を保つことが
絵をうまいと思わせる制御方法なのだ。

広告を非表示にする