ケッパーケイパーチリペッパー

なんかとなんかをつなげて幸せ

少しの工夫で単語の記憶を

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

単語の意味は記憶できた
でも単語そのものが出てこない

あーあのくるっとしている様という意味のラテン語はなんだっけ

こういった具合だ。
http://www.flickr.com/photos/49067898@N05/8695965205
photo by Fleuret


たとえばレイシオデシデンタイという単語を覚える
レイシオデシデンタイは判決の核心部分という意味だ
英米法判決理由はレイシオデシデンタイと
オビタ・ディクタム(それ以外の部分)によってなり
レイシオデシデンタイは拘束力を持つ。

意味は覚えられる。
だがその意味をより単純な【英米法判決理由】の拘束力がある方
ということだけが頭から出てくる。

そんな時が覚えなければいけないと思っていれば
思っている場合ほど名前が出てこない。

そういう場合は名前を読んでから消す。
レイシオ

この時レイシオの言葉の後に発音されないデシ
レイシオ・ンタといったことを頭で読む。

いうなればレイシオなんとかをより詳細に考えるのだ
レイシオの後にオビタディクタムに考えを飛躍させ
その後もう一度デシデンタイの中身をよく思い出せ。
http://www.flickr.com/photos/60417477@N00/5116382090
photo by whologwhy

名前は後に意味を続けるものだ。
油断せずに意味を思い出す。

記憶には反復が必要だというのが記憶のできない人々の通説だが
この方法で彼らの言う反復するに辿りつけただろうか

広告を非表示にする