ケッパーケイパーチリペッパー

なんかとなんかをつなげて幸せ

文豪カモメ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

書いたり 作ったり 決めたりすると
きっとどこかに不整合があって
間違っていることがなんとなく見つかってきて
重なるとそこに規則性があるような気がしてきて

あとは偉い肩書と偉そうだなと思える人物像が
彼を偉く見せてくれる

ほいで 偉くなると全部が偉いものだと思えてくるもんだから
完璧無比だと思い込む。
持ち上げられるのが怖くなって、親近感だそうとジョークを言うと
印象から外れてなんとなくの間違いに見える

それが重なってまた規則性が見えてきて
あとは間違ったことを言っている人という肩書と
偉くなさそうだなと思える人物像が
彼を失墜させてくれる


本当に偉い人は大衆が嫌いで信用してなくて
持ち上げられてもそいつらがひどくどうでもいいと思っている。

一見かわいそうに見える人物像が偉いのだ。


かわいそうになれば偉く見えるのだ。

広告を非表示にする