ケッパーケイパーチリペッパー

なんかとなんかをつなげて幸せ

【じしょ】アーノルド

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

f:id:takasaryo:20140407014749j:plain
アーノルド
どーなるの?
こうなるど!


こんにちは ダジャレから始まる
「世界のアーノルド」の時間です。
最終回の今日は3人のアーノルドに来てもらいました。
全員亡くなっていらっしゃるので一言も話しません。
今日のアーノルドの御三方は全員イギリス人でーす。


≪イギリス≫
上からトーマスとマシューとエドウィン


【トーマス】

f:id:takasaryo:20140407014747j:plain

トーマスアーノルドはイギリスで
ラグビースクールの校長として
公共教育を一新。
教育者でもあり同時に歴史家でもあった彼は
スポーツ史に名を遺した。

”マシューの父”


【マシュー】
f:id:takasaryo:20140407014745j:plain

で、これが息子のマシュー。
モミアゲは遺伝するんですね。
父の肖像画は耳を小さく書いてもらったことが
よくわかります。

マシューアーノルドは詩人であり
同時に批評家でもあった。

批評の対象がちょっと変わっていて文明。
文明を批評する。

今いたら
スマホのネットコミュニティによる
教養の尊厳死と信仰の死とか書き出すような人。

とにかく父がパブリックスクール校長だったから
信仰心が強い。 著書に「教養と無秩序」「マシュー・アーノルド詩集」


エドウィン

f:id:takasaryo:20140407014751j:plain

若いトルストイみたいにみえたが純血イギリス人。
それどころか彼は「サー」がつく。
ナイトの称号を持ったイギリス人で
親日家でもある(ただし明治時代)

わざわざ日本にまで来て
慶應義塾の客員講師になったくらいである。

と言っても親日家で日本の海外文化との
橋渡しをした人間というわけではなく
福沢諭吉に援助をしてもらって
日本に住み仏教や東洋の宗教について
論評してまわった冒険者のようだ。


彼は来日歓迎晩餐会の席上で
「日本は”地上で天国あるいは極楽”に最も近付いている国だ。」
と表現し今後日本が戦争にうつつをぬかすことを
暗にあてている。歯に衣着せたお世辞にも聞こえるが。

日本滞在中に3人目の奥さんとして日本人と結婚している。


「おしまい」

広告を非表示にする